【旧車】マツダ コスモL パワステ取付/スマートロック機能追加

コスモ完成 電動パワステ取付施工例

いつもご覧頂きましてありがとうございます。
ボディーショップ・オギでの施工事例、今回はマツダ コスモLへの電動パワステ取付とスマートロック化です。

コスモL

突然ですが、当店のパワステ取付加工には梅コース松コースがあります。
本当はそういう名称はないんですが、この記事では分かりやすく梅と松…σ(^_^;)
これまでの施工例も、おおよそこの2パターンに分かれてご提案しております。

いうなれば、コスパ重視の梅コースこだわり重視の松コース

梅コース:通常のパワステ取付加工、料金は最小に抑えられます。
ただし、純正ハンドルから社外のハンドルに切り替えて頂く必要がございます!
<例↓>


 

松コース純正のハンドルの温存が可能です!ただし基本のお値段に開発料(50,000円~車種・車体構造により変動)が加算されます。(注意点後述)
<例↓>

純正ハンドルをそのまま使うか、社外の物に変更するかの違いがあります。
これはステアリング周りの改造に伴いボスのタイプが変更になることに由来します。

一応2パターンのメニューの様になっていますが、松コースは適用不可能な構造の車種も存在します。
特に一部のいすゞ車など、純正ハンドルを保ったままの改造の難易度が上がりますので、社外ハンドル使用の梅コースをご提案することが多いです。

メーカーや車種によって(いすゞ車でも117クーペPA96など)、純正ハンドルを温存したパワステ取付加工との相性が良いものもありますので、その場合はご予算に応じて松コースで施工を承ることが可能です。

とはいえ旧車は個体の歴史が長い分、1台1台個性がありますから、実際に松コースで施工出来るかどうかは、車体によりまちまちです。純正ハンドルの温存をご希望の場合には、まず現車を拝見、目隠しカバーが付いている車種はそれを取り外して、内部を調べた上で施工方針のご相談をさせて頂くのがベストかと思います。

前置きが長くなりました。今回横浜からご依頼のコスモLは、構造的に問題なく、十分なスペースが確保出来るということで、純正ハンドル温存仕様で加工させて頂きました。松コースです!!

まずはいつものようにハンドルを取り外し、シャフトを出します。
コスモステアリング

モーターを取付け…。
ステアリングシャフト

組み戻しました。奥の缶みたいなものが、パワステモーターです。ごちゃついた配線を整えて収納していきます。
パワステ取付後
コスモは目隠しカバーがあるのですっきり隠れますね。
パワステモーター

上から見るとこんな感じで、ほとんど目立たないです。純正ハンドルも元通り。
コスモハンドル

スイッチでパワステON/OFF切替も。電動パワステは、回路系は完全な改造というより、追加で新設しますので、スイッチがOFFの状態ではパワステ回路が機能しない≒パワステを付ける前の状態に戻るというイメージです。
スイッチ

ここまで、おおよそ一週間前後のお預かりでした。

コスモLから思い出す、パワステのあれこれと まとめ

昭和53年式のコスモL。そういえば、当時パワステは電動はおろか油圧式も、ほとんど装備されている車種はありませんでしたね。小型車なんかですとオプションすらない車種がほとんどでした。
先の記事のギャランもそうですが、コスモは上級グレード(13Bロータリー車)限定でパワステが付いていたと記憶しています。

今では電動パワステが一般的ですが、以前は乗用車でも油圧式でした。しかし小型車なんかは元々の馬力が小さい為、油圧式ではパワー不足になりかねず、加えて狭いエンジンルーム内に大きな油圧式装置を格納するスペース的にも難がありました。どの車にも装備、とはならなかったのですね。

しかし電動式は配管も不要で省スペースコンパクト、エンジンの大幅なパワーダウンを伴わなずに済むなど、油圧式の難点を解決し、結果としてパワステが標準装備として広く普及するまでになりました。(油圧式はパワーが必要な場面で今でも採用されています)
電動化すなわち小型化の副次的な効果で、元々パワステの設定が無い旧車にも、当店などで行っている後付加工が出来るようになりました。

もう最近はパワステ無しの車はなかなか珍しく、旧車か年代物の軽トラックくらいしかお目にかかれません。そんな車をいざ運転してみると、やはりハンドルの重さは実感するところです。
その重さがいいんだ!!というご意見もごもっともです…!!
しかし車庫入れなどが大変で…という声も結構あるようで…。
パワステ化すると、据え切り時など現行車と同程度に楽になります。当店では手元付近にパワステ切替スイッチも設置しますので、ワンタッチで重ステに戻すことも可能ですよ。

(追記:コスモLに関連して、同時期のルーチェも似た構造なので、施工可能かなと思います。)

追加でキーレス化も

せっかくの遠方よりのご入庫、ということで、同時にもうひとつ加工をご提案しました。
キーレス化です。
コスモリモコンキー
現行車のように、こちらのキーで遠隔ロック・解除が出来ます。
アナログな操作感を味として大事にしたい方、実用性とのバランスもとりたい方と、オーナー様によって愛車に求めるものはそれぞれですが、キーの遠隔操作は後者の方向けの機能ですね。
こういった加工も可能という一例ですので、ご入用の場合はご一報をお願い申し上げます。

こちらの車両は神奈川県横浜のクラシカ 様でお取り扱い予定だそうです。(2021/03/15現在)

お読みいただき有難うございました。

▼旧車のパワステご検討中の方へ▼

 

お問合せバナー
ショップバナー横長

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました