【農機具修理】日ノ本N249のウォーターポンプ製作と、純正部品入荷のお知らせ

日ノ本N249ウォーターポンプ純正 農機具修理

こんにちは。ボデイーショップ・オギです。

前回に続いて、トラクターの記事です。
今回は日ノ本トラクターのウォーターポンプ製作について。
最近一ヵ月で、日ノ本トラクターのウォーターポンプのお問い合わせを5件も頂きましたよ。
まだまだ現役の日ノ本トラクターが多いことにびっくりです。

日ノ本トラクターと言えば、C144とN249の事例を昨年の記事でご紹介しました。

こちらをご覧頂いた福島県のお客様から、純正廃盤のウォーターポンプを作って欲しいとのご依頼があり、早速今お使いのウォーターポンプを送って頂きました。
型式は、昨年の愛媛のお客様と同じN249です。

日ノ本N249ウォーターポンプ純正

これをもとに、アルミを削り出したものがこちら↓

日ノ本N249ウォーターポンプ新規

いつもながら、土台の形状が異なります。純正品の方は鋳型で成型しているところ、こちらは手作業での削り出しのため、余計な部分をそのままにしてある為です。当店でお願いしている金型屋さんは器用なお方ですが、削り出しで純正品の形状を再現しようとしたら、莫大なお金が掛かります…。
ボルト穴や、干渉部分は共通ですので、取付に問題はありませんので、ご安心ください。
(ただし、トラクター自体が入庫していない場合、干渉箇所は写真での判断となります。お送り頂く写真、お電話等でお伝え頂く情報に精度が依存しますので、ご了承をお願い致します。)

右が純正品、真ん中が当店の製作代用品です。
日ノ本N249ウォーターポンプ新旧

違いは土台の形状だけでなく、内部のプロペラも一回り大きく、冷却効率がアップしていますよ。

N249など、トラクターは買い替えるほどの状態ではないけど、純正ウォーターポンプは廃盤で入手困難という場合は、ご相談ください。エンジンが好調でも、ウォーターポンプは消耗品の扱いなので、シャフトにガタが出たり、水漏れが起こります。

※料金・期間につきまして

今回のようなご依頼ですと、料金は132,000円(税込み)~です。
(原材料、構成部品の価格などの変動が大きく、トラクターの型式にもよりますので、具体的な金額はお見積り時にお伝え致します)
ウォーターポンプをお送り頂いてから、新規代用品のお届けまでには、一ヶ月~一ヵ月半ほどかかります。ご予約状況により、早めにお届け出来る場合もあります。
詳細は、メール・お電話にてお尋ねください。

2021/7/26追記

本日、福島のお客様からウォーターポンプが無事付いたとのご連絡がありました。お送りしたウォーターポンプがお役に立ったようで、ふたたび日ノ本トラクターが動き出しました。それぞれ長年の思い出のあるものなので、まだまだ現役で使用出来ると嬉しいです。

追記2 一個限定純正新品も入荷

通常純正品は入手困難なため、製作代用品で対応させて頂いておりますが、一個限定でN249用純正新品ウォーターポンプが入荷しました。こちらはすぐに発送が可能です。価格も製作代用品よりお手ごろになっておりますので、ご検討ください。※売り切れの場合はご容赦ください。
ご注文、お問い合わせは以下のページからお願い致します。

お問合せバナー
ショップバナー横長

 

タイトルとURLをコピーしました